タニタの体組成計は正確に量ることができる

   

タニタの体組成計は正確に量ることができる

画像:ジャパネットたかた

少し前までは体重計を使うのはダイエットをする若い女性が多かったのですが、今では健康を気にする中高年の人でも頻繁に使っています。

そのため、ただ体重を量るだけでなく、見た目ではわからない脂肪の数値等を示してくれる体重計が求められています。この点で、タニタの体組成計インナースキャンBC-J01RDは、健康を保つために大切な項目を測定でき、大画面で見ることができます。

スポンサーリンク

インナースキャンBC-J01RDは、体重や体脂肪率だけではなく、筋肉の量や見た目ではわからない内臓脂肪なども量ることができます。この体重計を使いこなすと自分の身体を深く知ることができます。

見た目の年齢が実年齢とは限らず、食べているものや運動などで身体のバランスは崩れるので、体重計をよく使いこなす必要があります。筋肉の量がたくさんあり、基礎代謝が高いほど体内の年齢は若くなるので、健康な身体を保つことは大切です。

目に見える脂肪とは違い、内臓脂肪のレベルは目では見ることができません。しかし、生活習慣病を予防するためにも見えない身体の内部の脂肪を知ることは重要です。

体重計に表示される前回の数値と比べれば、今の身体との変化を知ることができるので、ダイエットを続けていく気持ちを高めることができます。タニタ独自の技術として乗ってから約8秒で簡単に量れる機能があります。あらかじめ自分のデータを登録しておくと、電源が切れている状態から、乗ってわずか約8秒すると結果が表示されるのです。

登録している人の中から今量っている人を見分けて、測定してから結果を表すまでを自動で出来ます。これまでは、量る前にボタンを押してから量っていましたが、ただ乗るだけで測定することができるので、高齢者や子供でも簡単に使うことができますし、機械が苦手な人でも安心して使えます。

タニタの体重計は使いやすさにもこだわっていて、音声案内の機能を使えば設定する時に音声で手順を案内してくれます。また測定した結果を見るときも、量ってから屈んでパネルを見なくても、画面が大きく文字も大きいので表示が見やすくなっています。

また最大計量で150kgの体重まで量ることができるため、日本人であればほとんどの人が使うことができます。体脂肪率の測定に関しても0.1%単位まで量ることができるので、細かい単位までしっかりと測定できます。家庭にいながらもかなり正確な値の体脂肪率を計ることができるため、ダイエットや健康維持にも効果が現れるでしょう。

スポンサーリンク

 - タニタの体組成計