オーディオシステムLP-R520-WAはあらゆる音楽を再生できる

   

オーディオシステムLP-R520-WAはあらゆる音楽を再生できる

画像:ジャパネットたかた

音楽を聴く時にはCDを買ったり、携帯電話等で直接ダウウンロードすることもできますが、ひと昔前まではカセットテープに録音することが主流でした。その少し前には音楽はレコードで売られていました。

カセットテープやレコードで聞く音楽は、味があって良いのですがそのまま放置しておくと劣化してしまうデメリットがあります。また今ではカセットテープやレコードを再生できる機械は少ないので、家に眠っていたレコードを発見しても再生することができません。

スポンサーリンク

そのような時に重宝するのが、ティアックのターンテーブル/カセットプレーヤー付オーディオシステムLP-R520-WAです。この機械はラジカセと同じ感覚でレコードやカセットテープの音源をCD-R/RWに簡単にダビングできるCDレコーダーです。

大切に保管していた懐かしいレコードや、自分で演奏した時のテープなどをCD-R/RWに複写することで、自分が持っている音響システムやカーオーディオで簡単に再生することができます。特にカセットテープは、何度も聞いているうちにテープが伸びきってしまい、後から聞けなくなるので、CDにダビングしておくと安心して聞くことができます。レコードもCD-R化しておけば、長い時間に渡って保存する事ができます。

機械に苦手な人でも機能を使いこなせるように、表記は日本語でなっています。ラジオチューナーも付いていて、AMとFMの放送を受信することができ、ラジオの音声もCD-R/RWへ書き込むことができます。

再生能力も優れているので、スピーカーも迫力ある低音を再生できアンプもしっかりしているので、音楽プレーヤーとして部屋で聞く分には申し分ありません。スピーカーは前から中高音を出し、裏面のからは重低音を再生するタイプなので、どんな音楽でも高音質を楽しむことができます。

ティアックは会社ができてから60年に渡って、高密度で高精細に記録する技術や、忠実で鮮明に再生する技術を追求してきたので、常に高品質な製品を作り続けているメーカーです。

そして、テレビ局やラジオ局だけでなく、コンサートホールや劇場でも使われる専門職の人が信頼する音響メーカーです。オーディオシステムLP-R520-WAは、コンセントをつなぐだけで、FM/AMラジオだけでなく、CDやカセットテープ、LP盤、EP盤、SP盤のレコードまであらゆる物を再生できるので、物置に置いていたレコードを再生すれば懐かしい当時を思い出すことができます。

スポンサーリンク

 - オーディオ機器