カシオ計算機の電子辞書エクスワードXD-JTG6000RDについて

   

カシオ計算機の電子辞書エクスワードXD-JTG6000RDについて

画像:ジャパネットたかた

電子辞書のメリットは持ち歩けることです。日常生活の中でよくわからないことや疑問に思うこと、読めない漢字に遭遇することは度々ありますが、電子辞書があれば焦らずに答えを見つけることができます。

カシオ計算機の電子辞書であるエクスワードXD-JTG6000RDは、日常生活で疑問に思うことや知りたいことがすぐにわかるように、130のコンテンツが収められています。すべてのコンテンツを書籍で買い揃えれば60万円を超えてしまいますが、手のひらサイズの電子辞書に情報を収めることができます。

スポンサーリンク

収められているコンテンツの中には、百科事典や辞書だけでなく子供が学ぶためのキクタンキッズやリトルチャロNY編、リトルチャロ2などがあるため子供と一緒に英語学習を楽しむことができます。NHKラジオ基礎英語なども収録されているので、英語が苦手な大人でも楽しむことができます。

また、健康づくりのためにラジオ体操第一の動画も含まれているので、一台あれば家族みんなで使うことができます。130コンテンツの中には、広辞苑や明鏡国語辞典、新漢語林や四字熟語辞典など、新聞を読んで疑問に思う単語をすぐに調べられるようになっています。

また、ひとり歩きの会話集の英語やイタリア語、フランス語、中国語なども搭載されているので、海外旅行をする時に持っていれば安心です。そして日本文学が3000、世界文学1000の合計4000作品が収められているため、外出する時に持ち歩けば、電車やバスを待っている時に様々な文学を読むことができます。

また、クラシック音声も2000フレーズ収録されているので、カノンや威風堂々など誰でも知っている曲を楽しむことができます。中には聞いたことが無い曲も含まれていると思いますが、辞書のボタンを押せば作曲家や年代についてすぐに調べることができるので、非常に便利です。

さらに、文字の大きさも3段階に調節することができ、中高年の人でも見やすいメリットがあります。画面はタッチパネルを採用しているため、ボタン操作も要らずに画面に触れるだけで必要な情報を調べられます。

コンテンツを選んだり画面をスクロールする時には、指やタッチペンを使って直接操作することができるので、誰でも簡単に使うことができます。タッチペンを使えば操作が簡単にできますし、文字を書いたり調べたい辞書を選んで使うこともできます。ボタン操作やキーボード入力がいらないので大人だけでなく、子供でも簡単に使うことができます。

スポンサーリンク

 - 電子辞書