ジャパネットのスマホは本当にお得なのか?

   

ジャパネットのスマホは本当にお得なのか?

ガラケーをやめて、初めてスマートフォンを買うことを考えている人には、安心できる国内メーカーが良いでしょう。この点でジャパネットで取り扱っている「シャープ スマートフォン Android One」は購入するメリットがたくさんあります。

スポンサーリンク

まず、大きな特徴として、明るい表示の割に電力を抑えた設計なので、長い時間明るさを保っていられます。採用されているのはIGZO液晶ディスプレイで、半導体のIGZOを使うことによって高画質を維持していて、小さな文字でもハッキリ・くっきりと見ることができます。明るくて見やすい画面は、指を使ってタッチ操作をする時にも便利です。

スマートフォンに搭載されているカメラも画素数が高く、1310万画素と高画質の写真を撮ることができます。画素数が高く明るいレンズを使っているため、暗い場所で写真を撮る時に高感度で低ノイズの明るい写真を撮ることができ、美しい映像を楽しむことができます。

ジャパネットのスマホは薄型で軽量なので持ち運ぶのに便利ですが、大容量の3010mAh電池を搭載しているので、長い時間使うこともできます。IGZO液晶と新しいCPUを組み合わせることで、一度充電すれば3日間は使い続けることもできます。

長く使えるために充電する回数が少なくなるので、その分手間も省けます。このように電池を長く使えることは、ゲームやブラウザなどのアプリを使う時に加えて、電話やメールなどネットワーク通信をする時にも効果を発揮します。

またその他のメリットとして、日本で作られているので防水や防塵の処理がきちんとなされていることが挙げられます。ディスプレイ面には特殊な強化ガラスが使われているため割れにくく、海や川をハイキングする時にも安心して使えます。

海外メーカーのスマートフォンは値段は安くても、すぐに壊れやすいという難点がありますが、ジャパネットのスマートフォンは、国内メーカーならではの、使い手のことを考えて作られたこだわりがあるため、日本人が安心して使えます。

さらに、音声検索という機能があるので、初めて使う人でも安心して使えることも魅力です。もしわからない事があれば、スマートフォンに話しかけるだけで調べたいことを簡単に調べることができるので、文字を打つのが嫌いな人や、初めてスマートフォンを使う人でも簡単に調べることができます。

音声の検索で手軽にインターネットができるので、出かける前に天気を調べたり、初めて行った土地でバスの乗り換えアプリを使ったり、近くの店を調べる時にとても便利です。

ジャパネットのスマホを他社と比較するなら…

スマホを使ってみたいけれど、少し不安だと感じる人の中には、ランニングコストが高いのではないかと思っている人がいます。今でもdocomo、Softbank、auなどの大手の電話会社のスマホを使っている人は毎月5000円近く支払っているのではないでしょうか。

そのため、スマホを維持するお金は高いと感じる人も多くいますが、毎月のスマホのランニングコストを5000円の約半額に抑えることもできます。そこで、格安スマホに乗り換えるとスマホ本体も含めてランニングコストを安く抑えることが出来るのです。では、大手の電話会社と比較するとどれほど費用を抑えることができるのでしょうか?

格安スマホにはNifMoやmineo、UQモバイル、楽天モバイル、DMM mobile、ビッグローブ、IIJmioなどの会社があります。docomo、Softbank、auなどの大手の電話会社は、自社で日本国内にアンテナを立てて携帯電話網を持っていますが、格安SIMを扱っている会社は回線をレンタルしています。

格安スマホはプランにもよりますが毎月の使用料金は2000円台で済みます。一昔前の格安SIMはデータ通信だけで音声通話に対応していなかたので、タブレットやモバイルWiFiルーターのデータ通信には効果がありましたが、スマホとしては不便でした。しかし、最近では音声通話に対応した格安SIMが多いので、スマホとしての契約をするにも役立つプランがたくさんあります。

加えて、docomo、Softbank、auなどの大手の電話会社が通話量を定額プランにしたため、頻繁に電話をする人にとっては費用が安くなりましたが、普段は電話をしない人にとっては、無料通話の分も通話せず実質的には値上げされた状況になります。

このような背景があって、音声通話が付いた格安SIMを買ってスマホを使う人が多くなりました。音声通話がある格安スマホでも、今の電話番号をそのまま使うことができるので、乗り換える人が増えています。

多くの格安スマホはAndroidを使っていますが、最近のスマホは性能が良くCPUが8コアもあろ速度はiPhoneに劣らない機種もあります。格安スマホのプランの中には毎月の料金にはスマホの分割料金も含まれているので、スマホの代金を払い終えれば、毎月の使用料金は1000円から1500円程度になります。

格安SIMとセットで販売しているスマホは中国系の海外メーカーが多く、スペックだけを見ればコストパフォーマンスは良いのですが、使っていてなんだか不安を感じる人もいます。

この点で、テレビでも宣伝しているmineoが国内メーカーのスマホとセットで買えます。国内メーカーが作ったスマホだけあって防水機能おサイフケータイ機能が充実しています。日本人の生活に合わせたアプリが充実しているので、安心して使うことができます。

格安スマホがdocomo、Softbank、auと比べて料金が安い理由には、無料通話やその他のサービスを取りやめて、必要最低限の機能だけを付けたために値段が抑えられているのです。

格安スマホの値段はセットの携帯電話本体くらいにしか差は出ませんが、楽天のスマホは月額料金を払うときに楽天のポイントが貯まるというシステムを取っています。楽天のポイントは楽天市場やコンビニなどで利用できるので、月々利用しながらもお得なメリットがあります。

また、通信速度や携帯電話の品質も高いので、利用者が安心して使える携帯電話のサービスです。メージャーな会社のようにサービスは充実していませんが、毎月の使用料も安く、通信速度も安定しているので格安スマホでも多くの人に利用されています。

ジャパネットスマホの維持費と訪問設定

多くのスマホを使っている人が感じることは、維持費が高いという点ではないでしょうか。使い方にもよりますが普通に使っているだけでも、毎月1万円程度かかると言う人も多いです。

日本でスマホを使っている人は着実に増えているため、スマホは難しくてわかりにくいと感じていた中高年層でもスマホを使うことに抵抗がなくなっています。この点で、テレビ通販王手のジャパネットからスマホが売り出されて、スマホの魅力をわかりやすく伝え、安いと思わせてくれるプランもあるので多くの人に利用されています。

ジャパネットで取り扱っているのは、Android携帯の2~3機種で、テレビやインターネットまたはラジオなど様々なチャネルで集中的に売り込んでいます。

中高年の人に限らず多くの人が、ジャパネットで普段から買い物をしたり、ジャパネットの商品をよく目する機会も多いと思うので、スマホでも安心して買うことができます。

ジャパネットのスマホがお得な理由には、何といっても毎月の維持費が安いことで、毎月の利用料が3000円にも満たないプランがあるため、今までの3分の1程の値段で済みます。ジャパネットのスマホは、毎月高速データ通信ができて、容量が1GBまでなら高速でインターネットが出来るので、天気予報やニュースを見る程度であれば毎月数千回はできます。

また、動画の視聴も1時間までは無料の範囲内で出来ます。通話は1回に付き10分までの国内通話なら毎月300回までタダでできるので多くの人に人気があります。10分までならタダなので、10分を越えそうな電話を掛ける時には一度電話を切ってもう一度かけ直す、という方法もあります。

また、ジャパネットのスマホはandroidを使用していますが、操作ではiPhoneと比べても差が無いので写真や動画を見る時にも問題なくスイスイ使うことができます。

スマホを使うときに不安なことは、これまでのガラケーを使っていた人が操作を覚えるのが大変という点です。パソコンやタブレットを使っている若い人にとってはさほど問題はありませんが、中高年の人であれば誰かに教わらなければなりません。

ジャパネットでスマホを買うと、スタッフが自宅に届けてくれて、スマホの設定や簡単な説明をしてくれます。電話のかけ方に加えて、メールの使い方やカメラを使って写真の保存方法まで教えてくれるので、中高年の親にスマホをプレゼントする時にも安心できます。

スポンサーリンク

 - スマホ