アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」

   

アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」

画像:ジャパネットたかた

「雨や雪で天気が悪くて布団が干せない」、「PM2.5や花粉の影響で布団を干したくない」、「布団が重たくて干すのが面倒だ」という方に、一年中、簡単に使えるアイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」がおすすめです。

スポンサーリンク

じつは「布団干し」というのは手抜きしてしまいがちな家事の一つです。

例えば、洗濯や洗濯物干し、料理や食器洗い、ゴミ出しという一般的な家事を1週間サボってしまうと家中が大変なことになってしまいますが、布団干しを1週間サボっても大した問題にはならないからです。

しかし、その日に干した布団と1週間干していない布団では、寝つきや寝心地などに差が出てきますので、睡眠の質を上げる為にも毎日乾燥させたふかふかの布団で眠りたいです。そして、それを実現してくれるアイテムがアイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」なのです。

詳細・ご購入はこちら

マットレス!布団にホースを入れるだけ!

アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」にマットはありません。

一昔前の布団乾燥機や一般的な布団乾燥機は、シングルサイズかダブルサイズのマットを敷いて、そのマットにホースをつなぎ、ボタンを押して乾燥開始、乾燥が終わったらマットをたたんで片付けるという面倒な作業ですが、アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」は布団にホースを入れるだけなので非常に簡単です。

ジャパネットのMCさんもやっていますが、電源をとってから約9秒で乾燥開始ができるほど簡単です。その手軽さがマットレス布団乾燥機の人気の1つです。

詳細・ご購入はこちら

一年中使えるから「布団干し」という家事が不要になるかも!?

アイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」の自動乾燥モードには、「布団乾燥(冬)」、「布団乾燥(夏)」、「あたため」、「ダニ対策」という4つのモードがあり、冬だけでなく年中使うことができます。

布団乾燥機は布団が暖かくなるため、冬に使用するイメージを持たれている方も多いのですが、花粉の時期である3~6月、ダニの繁殖時期は高温多湿の6~8月、PM2.5に関しては一年中ですから、布団乾燥機は季節を問わず、毎日使用できる家電なのです。

また、布団を天日干しする理由は、「1.乾燥させる」、「2.ダニ対策」、「3.紫外線による除菌」の3つなのですが、天日干しによって布団が乾燥したとしても、布団に花粉やPM2.5が付着したり、ダニ退治が不十分だと、小さなお子様がいるご家庭などでは心配になるでしょう。

このように天日干しの効果が十分に得られないのであれば、乾燥はアイリスオーヤマの布団乾燥機「カラリエFK-JN1」、ダニ対策や除菌は「レイコップ」でしたほうが簡単で効果的ですから、将来的には「布団干し」という家事は不要になるのかもしれません。

レイコップ・ジャパンのふとん用クリーナー レイコップRT2 RT2-100J

詳細・ご購入はこちら

靴の乾燥や部屋干しの衣類乾燥にも使える!

付属の「くつ乾燥アタッチメント」を使うことで、雨に濡れた運動靴や長靴など靴の乾燥にも使えますし、部屋干しの衣類乾燥にも使えるため、布団干し同様に花粉やPM2.5の付着も気になりませんし、天気を気にせず衣類を乾かせるというメリットがあります。

もちろん、電化製品ですから電気代は高くなります。1時間あたり最大で約15円ほどでしょうか。

ただ、布団や衣類に花粉やPM2.5が付着しないため小さなお子様にも安心、天気に左右されることなくいつでも乾かせる、布団が重たくて布団干しがしんどいという方にとって非常に優れた布団乾燥機ですから、睡眠の質の向上、衛生面、家事の負担を軽減できるということを考えれば、多少、電気代が高くなってもおすすめできる布団乾燥機です。

詳細・ご購入はこちら

スポンサーリンク

 - 布団・寝具